鎌倉に城?

そう、鎌倉に一つだけ城がありました。
500年前に北条早雲が築いた「玉縄城」です。

1512年、北条早雲(伊勢宗瑞)は三浦道寸を追い、相模を席巻し、鎌倉に入り、 鶴岡八幡宮に参拝して荒廃しきっていた鎌倉と八幡宮の再興を誓って、一首を奉納した。

「枯るる樹に また花の木を植え添えて もとの都に なしてこそみめ」

この一首こそ室町の秩序を一掃し、民のための秩序を希求して、関東の地に覇権を打立てる 早雲の生涯を予告するものでした。(早雲を「下剋上の梟雄」とみるのは後世の誤評です)
おなじ年、この誓いを胸に早雲は、緑濃い玉縄龍脈の頂きに鎌倉の城を築いた。 それが後に江戸城や川越城と並び「関東の三名城」と謳われた堅城、玉縄城でした。 玉縄城は、まさに民のための国づくりという早雲の理想によって築かれた城でした。

武家の古都をつくったのは頼朝だけではない

さて、早雲の後を継いだ六代の城主がまた名君揃いです。
玉縄城の初代城主になったのは早雲の次男の北条氏時。二代城主は早雲の孫にあたる北条為昌、 そして三代城主が地黄八幡の幟で名高い戦国の英雄、北条綱成です。
さらに氏繁、氏舜、氏勝と六代の玉縄城主は、いずれも文武両道に秀でた名君でした。 それぞれに早雲の誓いを受け継ぎ、鶴岡八幡宮の改修を進め、鎌倉のまちを整備し「民のための国造り」 の理想のもとに「四公六民」の善政を敷いて民の繁栄を図ったのです。

戦国時代、鎌倉の主人公は「玉縄北条氏」でした
早雲こそ、日本の民主主義の草分け」これは当会のアカデミア#14セミナーの打上げの席で激論があり、 歴史家の小和田哲男、伊藤一美、小説家の伊東潤の三氏の意見が一致した見解でした)

祭りづくりは、歴史まちづくり

2006年11月、私たちは「玉縄城址まちづくり会議」を立上げました。
2012年秋、「玉縄城築城500年祭」を実施しました。
2013年11月、玉縄北条の菩提寺、龍寳寺で「玉縄城主墓前祭」を実施しました。
2014年10月、玉縄城主墓前祭「城主法要会」「城主奉納古武道演武」、そして第9回鎌倉芸術祭参加 「古民家ライブ」を 実施しました。
2015年10月、「綱成の日のまつり」を実施しました。
2016年10月、「玉縄城まつり」を開催の予定です。


玉縄城址まちづくり会議の「志」と「構想」

1、早雲の志が生きている「玉縄城の素晴らしさ」を再発見し発信します。

2、玉縄城址公園をめざし、市民行政の協働によって玉縄ふるさと館を起 点とする玉縄城を偲ぶコースを中心に「玉縄フィールドミュジアム」構築 へ活動を進めます。

3、私たち自身の能力向上を果し市民ボランタリーの力を発揮します。



 玉縄城址まちづくり会議からのお知らせ 

[最新予告News1]玉縄歴史アカデミア探索会とセミナーのご案内
 玉縄城って 凄い らしい。足で「探索」耳で「探索」しよう!
 玉縄城歴史アカデミア・探索会とセミナーのご案内


[最新予告News2]玉縄城址遺構群学術調査報告展29年3月18日まで 
 鎌倉・玉縄城址を活かす歴史ミュウジアム事業
 玉縄城址遺構群学術調査報告展ご案内


[最新予告News3]玉縄城里山ボランティア活動日 1月〜3月  



玉縄城址まちづくり会議の理念と目標

玉縄城址まちづくり会議は、設立10年目となる活動ステージを前に会則の変更を計画しています。
そのあらたな活動理念と目標を以下に掲げます。

1、当会の活動理念
当会活動の根本理念は、日本人の共有財産である歴史的自然環境・歴史的建造物等を保全し、 次世代に継承し人々の健康で文化的な生活を確保することです。
当会活動の基本目標は、鎌倉・玉縄城の歴史を再発見し、その歴史的自然環境を整備 保全し、玉縄歴史ミュジアムを構築し、これらを活用して鎌倉・玉縄城址地域のあら たな歴史まちづくりに結びつけることです。

段階的目標としては、
1)鎌倉・玉縄地域のランドマーク玉縄城、その玉縄城を築城 した伊勢宗瑞(北条早雲)と玉縄城歴代城主の歴史の素晴らしさを文化事業における 「調査研究発表活動」「アカデミア活動」を通して再評価し、学術的に位置づけして 広く発信します。併せて里山事業による遺構整備保全活動を進め、これによって玉縄 城址の史跡指定の実現をめざします。
2)これらの成果と情報を活用して新しい鎌倉・玉縄城址地区の歴史まちづくりを進めます。

活動の基本手法は、ボランティアであり市民、行政、企業の協働です。我々はこの市民による奉仕と 協働の仕組みが21世紀の社会的インフラをつくるとの基本認識を持ち、活動によって証しています。
ボランティア活動と協働の基本条件は、自発性、無償性、利他性、先駆性、実現性、そして対等の当事者意識です。*注1

2、当会の活動内容
鎌倉・玉縄の歴史まちづくりのために当会は文化庁の認定事業となった「鎌倉・玉縄城址を活かす玉縄歴史ミュジアム」 の構築をめざして文化事業、里山事業、広報事業を進めていきます。
里山事業では、玉縄歴史ミュジアムの拠点として玉縄城を偲ぶコースの歴史遺構と自然景観の整備保全に当り、 これを次世代につなぐため市民探索会や小中校の里山体験学習を進めます。企業財団助成は積極的に活用し、 活動のレベル向上をめざします。

文化事業では、玉縄歴史ミュジアムの中芯として重文古民家旧石井邸、民俗資料館を据え、 そこから玉縄城を偲ぶ遺構群を含む活用事業を展開します。また「甦れ玉縄城」をキーワードにアカデミア事業を進め、 北条早雲と玉縄城六代と玉縄城の歴史を再評価し、その歴史遺産の素晴らしさを次世代に繋げていきます。
広報事業では、鎌倉・玉縄歴史ミュジアム構築の事業を「甦れ玉縄城!」という市民活動のコンセプトをもとに広報紙、 HP、地域誌、クチコミを通してタイムリーに発信し、同時に市民、行政、企業の協働による活動グループ3つの輪* のどれかに当事者として参加することを、市内外の人々に呼びかけていきます。

3、当会の運営(活動の三層構造)
@「実施グループ(理事、委員含む会員25人程)」を中心に実施活動を進めます。
Aその外側に「協力者グループ」(当会親派、OB、理念共有の現役世代、不定期参加希望者、イベント参加者) を置き、活動とイベントの参加を求めます。
Bさらにその外側に「支援者グループ」(当会親派の有識者、作家、研究者、行政、企業、団体、学校)」を置き、 当会の活動支援に当ってもらいます。

これら三層の輪のなかの会員非会員の人々と団体、その全体を玉縄城址まちづくり会議のメンバーとし、 その総力によって持続的に事業を推進していきます。またこれら@〜Bの活動グループは新陳代謝を図り、 相互に入替え更新を行い、持続的な活動メンバーとしてダイナミックな活性を計っていきます。
*注1、アインシュタインは「成功より奉仕という理想が重視される時代がくる」と予見しました。
この近未来予測を現実にするための条件を追及しています。

平成28年7月7日
玉縄城址まちづくり会議  会長 荒井 章





玉縄城址まちづくり会議
〒247-0073 神奈川県鎌倉市植木425-16
tel: 0467-45-7411
e-mail: artbank21@nifty.com


(c) copyright 玉縄城址まちづくり会議. all rights reserved.