鎌倉に城

そう、鎌倉に一つだけ城がありました。
500年前に北条早雲が築いた「玉縄城」です。

1512年、北条早雲(伊勢宗瑞)は三浦道寸を追い、相模を席巻し、鎌倉に入り、 鶴岡八幡宮に参拝して荒廃しきっていた鎌倉と八幡宮の再興を誓って、一首を奉納した。

「枯るる樹にまた花の木を植ゑ添へてもとの都になしてこそみめ」

この一首こそ室町の秩序を一掃し、民のための秩序を希求して、関東の地に覇権を打立てる 早雲の生涯を予告するものでした。(早雲を「下剋上の梟雄」とみるのは後世の誤評です)
おなじ年、この誓いを胸に早雲は、緑濃い玉縄龍脈の頂きに鎌倉の城を築いた。 それが後に江戸城や川越城と並び「関東の三名城」と謳われた堅城、玉縄城でした。 玉縄城は、まさに民のための国づくりという早雲の理想によって築かれた城でした。

武家の古都をつくったのは頼朝だけではない

さて、早雲の後を継いだ六代の城主がまた名君揃いです。
玉縄城の初代城主になったのは早雲の次男の北条氏時。二代城主は早雲の孫にあたる北条為昌、 そして三代城主が地黄八幡の幟で名高い戦国の英雄、北条綱成です。
さらに氏繁、氏舜、氏勝と六代の玉縄城主は、いずれも文武両道に秀でた名君でした。 それぞれに早雲の誓いを受け継ぎ、鶴岡八幡宮の改修を進め、鎌倉のまちを整備し「民のための国造り」 の理想のもとに「四公六民」の善政を敷いて民の繁栄を図ったのです。

戦国時代、鎌倉の主人公は「玉縄北条氏」でした
早雲こそ、日本の民主主義の草分け」これは当会のアカデミア#14セミナーの打上げの席で激論があり、 歴史家の小和田哲男、伊藤一美、小説家の伊東潤の三氏の意見が一致した見解でした)

祭りづくりは、歴史まちづくり

2006年11月、私たちは「玉縄城址まちづくり会議」を立上げました。
2012年秋、「玉縄城築城500年祭」を実施しました。
2013年11月、玉縄北条の菩提寺、龍寳寺で「玉縄城主墓前祭」を実施しました。
2014年10月、玉縄城主墓前祭「城主法要会」「城主奉納古武道演武」、そして第9回鎌倉芸術祭参加 「古民家ライブ」を 実施しました。
2015年10月、「綱成の日のまつり」を実施しました。
2016年10月、「玉縄北条墓前祭」を開催の予定です。

玉縄城址まちづくり会議の「志」と「構想」

1、早雲の志が生きている「玉縄城の素晴らしさ」を再発見し発信します。

2、玉縄城址公園をめざし、市民行政の協働によって玉縄ふるさと館を起 点とする玉縄城を偲ぶコースを中心に「玉縄フィールドミュジアム」構築 へ活動を進めます。

3、私たち自身の能力向上を果し市民ボランタリーの力を発揮します。


玉縄城址まちづくり会議は、
  これまでに何をやってきたか?


◆玉縄城址まちづくり会議は、4月21日に12回目の「総会」を迎えました。私たちはここまで、玉縄城と玉縄北条氏の再発見を目指してきました。その結果、 私たちはここまでに何を進め、何を成し遂げることができたのでしょうか。総会で報告したことから、それらの一つ一つを取り上げます。

◆2012年、私たちは市民協議会をつくって「玉縄城築城500年祭」を開催しました。 市民として、鎌倉市と小田原市の協力のもと進めたこの祭りが、以後の活動への発火点となりました。 さて、そこから〜

1. 里山委員会がやってきたこと
・七曲坂アダプト、市民緑地奉仕を行った
・城址七曲坂を保全して冠木門をつくった
・史跡太鼓櫓を市民緑地として復活させた
・あらたな市民緑地誕生のために活動した
・藪に埋まっていた焔硝蔵を保全再現した
・玉縄城址を縄張りして総合調査を行った
・三角平場を復活させ矢射ち場をみつけた
・藪の中の史跡、蹴鞠場を保全再現させた
・竹藪の中から月見堂下曲輪を復活させた
・玉縄城総構え遺構を踏査し検証してきた
・遺構探索会で玉縄城の魅力を伝えてきた
・史跡緑地を活用し自然観察会を実施した
・植木2号緑地を美竹林にする保全をした
・城址を偲ぶコースに案内看板を設置した
・七曲殿洞窟を重要な遺構として取上げた
・太鼓櫓市民緑地が七曲坂尾根に拡大した
・市民緑地が12倍4997uへが拡大した
・玉縄城址FDミュウジアムを誕生させた

2.文化委員会がやってきたこと
・玉縄城築城500年祭を市民力で開催した
・古民家、民俗資料館をリニューアルした
・玉縄ふるさと館として運営展示に当った
・文化庁講座で市民学芸員を育成してきた
・その市民学芸員が次世代教育に当たった
・小学生「昔の暮し体験学習」を創設した
・市内学童六千人に動態展示を提供した
・「玉縄城主墓前祭」を創設し恒例化した
・鎌倉代表で小田原北條五代祭りに参加した
・アカデミア歴史セミナーを30回行った
・玉縄城の歴史と総構えの研究を実施した
・陣屋坂にあった「城主の館」を確認した
・「龍寶寺城」「植木新宿」の研究も進めた
・鎌倉市との「協働事業」を企画推進した
・デジタルアーカイブで歴史資料を守った
・玉縄城地域の歴史まちづくりを提案した
・文化庁へ、地域文化事業を企画提案した
・玉縄城址活用事業が文化庁事業になった
・鎌倉の武家文化を担う玉縄北条を訴えた
・玉縄城歴史ミュウジアムを普及啓発した

3.当会が評価されたこと
・文化庁の補助が当会の文化活動についた
・民間財団助成が当会の里山活動についた
・鎌倉市政功労賞の「団体表彰」を受けた
・国交省の「みどりの愛護」表彰を受ける
・鶴岡八幡宮には活動へのご協力を頂いた

4.そして、平成30年度から進めたいこと
平成30年度から、私たちは玉縄城址地区を、鎌倉の歴史まちづくりの「もう一つの鎌倉」 の顔として拠点化することをめざします。そのために玉縄城址歴史ミュウジアム、 玉縄城址フィールドミュウジアムの普及活用事業を進めてまいります。 当会の5つの本部事業からご紹介しましょう。

1)大船駅から玉縄城址への「歴史トレイル」の計画を進めます。 これは市の歴史まちづくりの構想と連動させます。関連して、日比谷花壇大船フラワーセンターと 連携します。城址案内看板をセンター入口に設置することが決まっています。 また、探索を目指す方々へイラストマップを作って便宜を図ります。

2)玉縄城址の「史跡指定」を加速させるため、鎌倉市文化財部の条件整備作業に、 当会は積極的に協力します。

3)北条早雲(伊勢宗瑞)500年記念展示を平成31年に鎌倉市と協力 し鎌倉歴史文化交流館、鎌倉国宝館で実施する予定です。文化財部と 協議を進めています。

4)玉縄城址(主に市民緑地)の環境を学び、楽しみ、守る、「環境学習」 の活動を発進させます。

5)玉縄城址保全のボランティア活動を学生と企業に呼びかけ、 市民協働の保全を目指します。

◆玉縄城址まちづくり会議は、50人のメンバーのボランティア活動でここまでやって きました。51人目の仲間になりませんか?

平成30年5月12日
玉縄城址まちづくり会議
会長 荒井 章



 玉縄城址まちづくり会議からのお知らせ 

[報告News1]《玉縄城まちだより20号発行》 

[報告News2]◆文化事業がやってきて評価されたこと  

[報告News3]◆イオン環境財団助成事業  

[報告News4]◆第54回 小田原北條五代祭りに参加 


[最新予告News1]鎌倉武家文化普及啓発事業 連続歴史セミナー 

[最新予告News2]市民学芸員育成講座〜きみが整理する文化遺産〜 

[最新予告News3]《玉縄城里山ボランティア活動日》 

[最新予告News4]◆第六回 玉縄城主墓前祭 





玉縄城址まちづくり会議
〒247-0073 神奈川県鎌倉市植木425-16
tel: 0467-45-7411
e-mail: artbank21@nifty.com


(c) copyright 玉縄城址まちづくり会議. all rights reserved.