鎌倉に城

そう、鎌倉に一つだけ城がありました。
500年前に北条早雲が築いた「玉縄城」です。

1512年、北条早雲(伊勢宗瑞)は三浦道寸を追い、相模を席巻し、鎌倉に入り、 鶴岡八幡宮に参拝して荒廃しきっていた鎌倉と八幡宮の再興を誓って、一首を奉納した。

「枯るる樹にまた花の木を植ゑ添へてもとの都になしてこそみめ」

この一首こそ室町の秩序を一掃し、民のための秩序を希求して、関東の地に覇権を打立てる 早雲の生涯を予告するものでした。(早雲を「下剋上の梟雄」とみるのは後世の誤評です)
おなじ年、この誓いを胸に早雲は、緑濃い玉縄龍脈の頂きに鎌倉の城を築いた。 それが後に江戸城や川越城と並び「関東の三名城」と謳われた堅城、玉縄城でした。 玉縄城は、まさに民のための国づくりという早雲の理想によって築かれた城でした。

武家の古都をつくったのは頼朝だけではない

さて、早雲の後を継いだ六代の城主がまた名君揃いです。
玉縄城の初代城主になったのは早雲の次男の北条氏時。二代城主は早雲の孫にあたる北条為昌、 そして三代城主が地黄八幡の幟で名高い戦国の英雄、北条綱成です。
さらに氏繁、氏舜、氏勝と六代の玉縄城主は、いずれも文武両道に秀でた名君でした。 それぞれに早雲の誓いを受け継ぎ、鶴岡八幡宮の改修を進め、鎌倉のまちを整備し「民のための国造り」 の理想のもとに「四公六民」の善政を敷いて民の繁栄を図ったのです。

戦国時代、鎌倉の主人公は「玉縄北条氏」でした
早雲こそ、日本の民主主義の草分け」これは当会のアカデミア#14セミナーの打上げの席で激論があり、 歴史家の小和田哲男、伊藤一美、小説家の伊東潤の三氏の意見が一致した見解でした)

祭りづくりは、歴史まちづくり

2006年11月、私たちは「玉縄城址まちづくり会議」を立上げました。
2012年秋、「玉縄城築城500年祭」を実施しました。
2013年11月、玉縄北条の菩提寺、龍寳寺で「玉縄城主墓前祭」を実施しました。
2014年10月、玉縄城主墓前祭「城主法要会」「城主奉納古武道演武」、そして第9回鎌倉芸術祭参加 「古民家ライブ」を 実施しました。
2015年10月、「綱成の日のまつり」を実施しました。
2017年10月、「玉縄北条墓前祭」を開催の予定です。

玉縄城址まちづくり会議の「志」と「構想」

1、早雲の志が生きている「玉縄城の素晴らしさ」を再発見し発信します。

2、玉縄城址公園をめざし、市民行政の協働によって玉縄ふるさと館を起 点とする玉縄城を偲ぶコースを中心に「玉縄フィールドミュジアム」構築 へ活動を進めます。

3、私たち自身の能力向上を果し市民ボランタリーの力を発揮します。


広大な「玉縄城の総構え」の構造を明らかにして、
     「鎌倉武家文化を担った玉縄北条」の普及啓発をめざす

平成29年9月1日             .
玉縄城址まちづくり会議  会長 荒井 章


◆鶴岡八幡宮吉田宮司は、玉縄城まちだより特集19号紙上で語りました。
「頼朝だけが鎌倉の顔なのではない。
中世戦国期、鎌倉の武家文化を担った鎌倉の主役は、後北条、玉縄北条六代だった。 今の鶴岡八幡宮は、当時の小田原北条・玉縄北条の再建事業があったからこそ存在している。 その玉縄城址を守り、玉縄北条氏の普及活動を進めている玉縄城址まちづくり会議に敬意を表し、 研究活動に協力を惜しまない−」

◆今年、当会は文化庁の鎌倉武家文化普及啓発事業として 「鎌倉・玉縄城址を活かす歴史ミュウジアム事業」を進め、大竹正芳、玉林美男、伊藤一美の 研究者を中心に「玉縄城の総構え」の調査研究に入っています。
玉縄城とは、従来の通説を遥かに超えて東西南北に広大な領域をもち、人工と自然を巧みに 取り入れた独自の城郭構造を持つ城でした。
「龍寳寺城」とも呼ぶべき城郭山稜址も再踏査し発見しています。
また農民のために山際に巡らせた水路網にも表れている城主六代の秀でた農政の址、 また城下町として整備された「植木新宿」の街並みの規模と機能の調査研究も行っています。

◆後北条・玉縄北条が担った「鎌倉武家文化」とはどのようなものか。
今日の日本人の生活文化に大きな影響をもたらしている武家の精神、生活様式、宗教観、 これらを戦国時代の後北条、玉縄北条氏は、鎌倉の地でどのように前の時代から受け継ぎ、 発展させ、江戸期に引き渡したのか?私たちはこれらを学び、少しでも普及啓発の実をあげたい。

◆そもそも北条早雲が残した家訓21箇条、また庶民の暮しを重視した四公六民の税制、 そして早雲の遺志を継いで疲弊した当時の鎌倉と鶴岡八幡宮を十年の歳月をかけ再建した 後北条・玉縄北条氏の奮闘にも、武家の高い精神文化が示されているのではないだろうか。
具体例をあげれば、玉縄城主二代為昌は冷泉為和の連歌会を兄氏康、今川氏と主催した。 三代綱成は外交手腕に優れ村岡に市を立て、江の島の遷宮も行った。
また四代氏繁には一子相伝の「出陣次第」、「鷹の図」などが残されている。
(京の飛鳥井家が天皇の命で小田原北条氏に教えた蹴鞠の伝統も玉縄城の蹴鞠場址に残されている) こうして戦国時代の鎌倉には、後北条・玉縄北条氏が受け継ぎ、これを守り発展させた 確かな武家文化があった。これらを快元僧都記(1532〜1542)などの古文書から、 伊藤一美先生に読み解き位置付けを進めてもらいたいと願っています。

◆当会は、多くの方々に支えられ設立11年目を迎えました。
この間、龍寳寺、清泉女学院を始め、地権者の深いご理解と協力を賜りました。
神奈川県、鎌倉市、玉縄自治町内会連合会などの協力を受け、文化庁の補助金、 民間財団からの助成にも支えられ、ここまで直進してきました。
「協働」こそ私たちの活力と創造性の源でした。ここに、お世話になった皆様に 深甚の感謝を捧げると共に、またあらたな協働を呼びかけたいと思います。
玉縄城をランドマークとする玉縄のまちづくりへ、そのあらたなステージへ、共に進みましょう!


 玉縄城址まちづくり会議からのお知らせ 

[報告News1]《第4回玉縄城主墓前祭・シンポジュウム》 

[報告News2]《第53回小田原北條五代祭り》 

[報告News3]《玉縄城まちだより19号発行》》 

[報告News4]《活動アルバム》 



[最新予告News1]《ギタートリオの古民家演奏会》9月24日(日)》 

[最新予告News2]《第5回玉縄北条墓前祭・シンポジュウム》  

[最新予告News3]《玉縄城里山ボランティア活動日》  





玉縄城址まちづくり会議
〒247-0073 神奈川県鎌倉市植木425-16
tel: 0467-45-7411
e-mail: artbank21@nifty.com


(c) copyright 玉縄城址まちづくり会議. all rights reserved.